Entries

中原地区「ひまわりサロン」敬老懇親会

9月15日(火)、平塚市東部福祉会館 白寿荘にて、中原地区で活動中のサロン「ひまわりサロン」の敬老懇親会が行われました。参加者の皆さんと中原地区社会福祉協議会のボランティア、総勢30名の方々が集まりました
中原サロン②
                 たくさんの方がいらしています


お菓子やご飯を食べながら、参加者の皆さんでカラオケを楽しんでました!
ひまわりサロンでは、カラオケだけではなく、趣味で手話の勉強をしている参加者による、定期的な手話講座もサロン内で行われているということもあり、歌詞を手話で表現されている方もいました!!
中原サロン④
              歌に乗せて、手話とダンスのパフォーマンス

 普段サロンが実施されている、中原公民館からは遠く離れた場所で行われた敬老懇親会でしたが、参加された方は皆さん「月2回のサロンが本当に楽しみで、毎回来ている」とおっしゃっていました!!皆さん、とにかく元気でおしゃべりに華を咲かせてました!!
写真⑥
中原サロン③
          ボランティアさんが心を込めて用意した食べ物と楽しいひと時です




中原サロン①
ひまわりサロンは、毎月第1、3火曜日 9:00~15:00 中原公民館で開催中です


金目地区 金目サロン

9月4日(金)  金目サロンが金目公民館で開催されました
  (金目サロンは、毎月第1金曜日に金目公民館で開催)

9月の内容は、楽しく簡単にできる体操です
be awake(ビーアウェイク)という介護予防運動指導などを
行っているところに講師をお願いしました。

ビーアウェイク ハツラツとした橋井先生です
講師

姿勢をよくする体操 肩甲骨を動かします
姿勢をよくする体操

9月生まれの方にお祝いのカードなどをプレゼント 
おめでとうございます
お誕生者へのプレゼント

サロンのスタッフの方のためになる講話
低栄養にならないように気をつけましょう
栄養のお話し

栄養のお話し②

ふりふり体操  みんなで歌いながら楽しくフリフリ
ふりふり体操

次回は10月2日(金) 13時30分~ 金目公民館
 金目地区の皆さんの参加をお待ちしております

大神地区 ほっと子育て サロン


9月1日(火)
大神地区の福祉村『大神よりきの郷』が主催している「ほっと子育て」に参加しました
場所は白寿荘の中で開かれていました。

参加させていただいたのは、市社協の職員と社会福祉士の実習生です、
今回は実習生の麻生がブログを担当させていただきます
実習生 あそう


この日のお天気は残念ながら雨でしたが、
おばあちゃんと一緒に元気な2人が来ていました

写真
写真4


「ほっと子育て」の部屋は広々として、大きなおもちゃも沢山 
子ども達もおもちゃで遊んだり、走り回ったり、のびのびと遊んでいました

写真6


ご家族の方やボランティアさんも、おしゃべりをしたり、
子ども達を見守ったり、一緒に遊んだりと、楽しそうでした

写真3

私もこども達とブロックを積んで一緒に遊びました
この塔は全てのブロックがなくなるまで、積まれていきました
子ども達も楽しんでくれたようでした

写真5

広々とした「ほっと子育て」に
親子で、ママ同士で、お孫さんを連れて訪れてみませんか?

『大神よりきの郷』は今回の「ほっと子育て」と毎週火曜日・同じ時間で
「ほっとサロン」を主催しています
元気よく遊ぶ子ども達を見ながら、楽しいおしゃべりもいいですよね

ポスター
ポスター2

大神地区 白寿荘
「ほっと子育て」  毎週 火・金 10:00~12:00
「ほっとサロン」  毎週 火・水 10:00~12:00 / 13:00~15:00

大神地区

豊田地区小嶺サロン&生活サポート とよだ&高齢者よろず相談センターとよだ講義

今回のブログは実習生が担当させていただきました
DSC07886.jpg
             実習生 井上・栗田・高野・猪俣


8月25日金曜日
豊田小嶺自治会館で開催されたサロン、「おなか元気教室」に参加させていただきました。
DSC04723.jpg

          おなか元気教室の様子

「おなか元気教室」では、小田原ヤクルト販売(株)から健康管理士の茂木さんが来てくださり、腸内環境に関する講座や健康のためのおなか体操を行いました。
また、講座の前には少しお時間をいただき、平塚市社会福祉協議会の中村さんが熱中症予防に関する資料を配付し、説明を行いました。
DSC04718.jpg
中村さんによる「熱中症予防」の講義の様子


講座では、茂木さんが大腸や小腸の模型を手にしながらわかりやすく説明を行ってくださいました。
また、腸内細菌についてのDVDを見ながら、私たちの腸内がどうなっているのかを学びました。
講座のあとには、腸年齢のチェックシートを皆で行い、自分の腸内の健康状態をチェックしました。
ちなみに私の腸年齢は、実年齢よりやや高いようです
DSC04729.jpg
      小田原ヤクルト販売(株)の茂木さん

そして最後には、東京音頭に合わせて踊る「おなか体操」を行い、皆で楽しく運動を行いました。
体操のあとには、ヤクルトを一本いただきました
茂木さん、ありがとうございました
茂木さんから今回ご指導いただいた「おなか元気教室」は、学校やサロンで出張教室を実施
しています。とても楽しい講座なので、サロン等で取り入れてみてはいかがでしょうか
詳細は以下の問い合わせ先までご連絡ください

小田原ヤクルト販売(株)
0463-61-8960

その後、特別養護老人ホーム 豊田敬愛ホームで「生活サポート とよだ」の説明を代表の今井さん、副代表の佐伯さん、会計の太田さんからしていただきました
生活サポートとよだは、地域の元気なシニアが支援者となり、地域で暮らす人々にとって、安心して
生活できる地域を、住民が主体的に考え、お互い協力して取り組んでいくという目的で平成27年4月
から始まりました。
生活サポート とよだの活動は「見守り」「ゴミ出し」「お話し相手」「草むしり」「電気器具等清掃」「重量物移動」です。これらの活動は依頼者のお家を訪問にして様子を伺うことから、すべて「見守り」の活動に繋がるものです
利用日や時間は利用者と支援者が納得した上で活動ができるようにしています。
また、対等の関係で、気兼ねなく支援していけるように有償のボランティアとして行っています。
生活サポートとよだの説明の次は地域包括支援センターとよだの職員である引田さんから
地域包括支援センターの役割と実際のテーマに説明を受けました。
包括は高齢者が住み慣れた地域で安心して過ごすことができるような支援を行っています。

実現のためには地域の社会資源を活用としたネットワークが必要となります。
社会資源は地域住民の互助の支え合いも含まれており地域力の向上のためには、地域住民の力は欠かせないことがわかりました。

少しでも皆様に読んでいただけるよう試行錯誤いたしました。
皆様にわかりやすいようになっていれば幸いです
コメント、おまちしております

Appendix

プロフィール

hiratsukatiiki

Author:hiratsukatiiki
平塚市社会福祉協議会
地域福祉推進課 地域支えあい班
電話 0463-33-3100(直通)
FAX 0463-33-6588

最新記事

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
32位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-